おまとめローンにもいろいろあるって知ってました?

複数の金融業者からの借り入れを一つにまとめて返済を楽にするおまとめローンですが、ひとつのローン契約であるため必ず審査を行います。その際におまとめローンの場合はどの業者からおいくら借り入れされているのかを確認します。

その審査はあくまでも「複数の債務をまとめる」ために行われるものですので、おまとめローンは基本的にフリーローンなどのように使い道自由とはされていません。

その上でもしおまとめローンで借り入れしたお金を別用途で使っていることがわかった場合、業者によっては一括返金を要求してくる可能性もあります。個人信用情報で確認すればまとめ済みかどうかひと目で分かりますので、目的別ローンは目的以外に利用した際の応報が大きいと言われています。

ただし指定された通りの使い道をするのであればおまとめローンは非常に優秀です。返済スピードを緩やかにして金利も抑えることができるので、まっとうな使い方さえしておけば非常に便利なサービスです。

一気に広まったおまとめローンですが、今や提供している金融業者は多岐に渡ります。大手消費者金融やメガバンクなども然様ですが、小中規模の消費者金融でも提供されています。

大手消費者金融などと比べると借入可能額も若干ミニマムではありますが、それでも審査基準が大手消費者金融よりもゆるやかにされているということもあって借り入れの市安さは受け売りのようです。

ただし小中規模の消費者金融で気をつけたいのが闇金も多く横行しているということです。元々返済に苦慮している人が食いつきやすい金融商品であるだけにおまとめローンを気軽に貸し出して後から法外な金利を搾取する方法で被害に遭う方も少なく無いと言います。

それらの被害防止を踏まえた上で、利用する上で必ず利用予定の消費者金融は安全なのかどうか下調べをしましょう。大手の場合は心配はあまり要りませんが、金融商品は用心が必要です。

おまとめローンは消費者金融にもある

おまとめローンをいうと、銀行の商品のようなイメージがある方もいるでしょう。それでも実は消費者金融にもおまとめローンはあります。

プロミスでは「おまとめローン」、アコムは「借換え専用ローン」、アイフルでは「借り換えMAX」、「おまとめMAX」の2つがあります。

消費者金融でお金を借りるならば、注意をしたいのが総量規制です。借入総額を年収の1/3に制限する法律ですが、その金額を超える場合、通常の借入れはできなくなります。

それでも総量規制には対象外となっている借入れもあり、その1つが「おまとめローン」です。
おまとめローンとは、複数の会社の借金総額をおまとめローンを利用する会社に借りて、それらの借金を完済した以降は1社だけに返済していくものです。

おまとめローンを利用すると、年収の1/3を超える場合でも借入れは可能になります。それには条件があり、おまとめローンを利用することで利用者が一方的に有利となる場合に限られます。

「有利になる場合」、それは今借りている借金の金利を下げることができることもその1つです。たとえば消費者金融3社からそれぞれ40万円の借金がある場合、現状ではそれぞれの会社に18%の利息を支払っていることでしょう。
それを1つにまとめることにより120万円の借入れとなるので、金利は15%に下がります。
そのことにより、今までよりも利息を節約できるので、有利な借り換えとなるのです。

ここで注意です!こんな便利なおまとめローンにはデメリットもあるのです。
借金を一本化できるおまとめローン、返済日が1つになる、金利を下げることができるという点からメリットは多いです。できることならば利用をしたいものですが、ただし条件によっては返って不利に働いてしまう場合もあるのです。
一方的に有利になるはずのおまとめローンですが、反対に逆効果となってしまうのはどんな場合でしょうか?

●審査が厳しい場合が多い

おまとめローンで借りる金額は、通常のカードローンの借入れよりも高額である場合が多いことから、必然的に審査は厳しくなります。融資をする金融会社は、その人の返済能力を何よりも重視するため、高額融資となるとなおさら厳しい基準で審査を行うことになります。
特に過去の返済で延滞がある場合には、厳しい審査結果となってしまう可能性もあります。

また返済中に再び生活資金などが不足し借金を希望する場合、金融会社によっては他社で借入れをすることを制限している場合もあるので、注意が必要になります。場合によっては契約違反とみなされる場合もあるようです。契約違反をすると、信用できない利用者とみなされて、残金の一括返済を求められる場合もあるので、要注意です。

社会人なら知っておきたいローンの意味とおまとめローン

おまとめローンという言葉を聞いたことがありますか?
一般にローンというと、住宅ローン、自動車ローンなど普段なかなかしない大きな買い物を行う際に、一括では払うことができないことから、複数回に分けてお金を納入していくことを指すことを思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか。

この認識は微妙に間違っています。ローンとはもともと貸し付け、金を貸すという意味の英語loanのことで、一時的に銀行などから借金を負い、少しずつ返済していくことを指しています。

微妙な違いがあるのですね。
しかしこのおまとめローンは、一括にまとめてローンを払うことではありません。おまとめローンの場合、何かを買うためのローンというよりは、ローンや借金に困った人が使用するローンと言い換えることができます。

おまとめローンとは、個人のローンを一括化させることで金利を下げ、借金の負担をなるべく減らすための方策です。住宅や自動車等、何かを買うための、というポジティブな理由ではないためネガティブに認識されがちですが、借金を背負っている人には大切な手段であることに変わりはありません。
しっかり業者同士を比較し、自身にあったおまとめローンで返済していく事が大切です。
>>おまとめローン比較ランキング.com<<

この時代、いつリストラされ、消費者金融に頼ったり借金をしたりという生活に陥るかわかりません。社会人として、ローンという言葉についての正しい知識や、一般のローンとおまとめローンの違いについてもしっかりと理解しておく必要があります。

複数の金融会社からの借金を一本化するおまとめローンですが、当然審査というものがあります。もし仮に審査というものがない金融会社があるとすれば、それは悪徳業者である可能性が高くなりますので注意が必要です。逆に審査が厳しい会社ほど、きちんとしているともいえるのです。

それできちんとしているところからおまとめローンを利用したい場合にはやはり安定している収入が必要になります。おまとめローンを利用するということは高額の融資を受けるという意味ですから年収は最低でも200万円あるいはそれ以上が望ましいところです。

消費者金融などでは年収の3分の1までとなっていますが、銀行ではそのようなものはありません。ですが、基本的には年収の3分の1くらいまでの融資で収まるくらいにしたいものです。それ以上になると返済していくのが大変になってくるからです。

かなりの高額融資という場合には 、「万が一に備えて団体保険に加入できる方」という条件が付けられることもあります。

カードローンの醍醐味と依存性

今の時代は、主婦や学生でもカードローンの審査が通りやすくなっています。私も学生時代に、アルバイトの収入を報告して、審査が通りました。審査が通れば、カード一枚で融資が受けれます。何に使うのでしょうか。
生活費、交際費、学費など様々ですね。

最初は、交際費のためにと思いました。コンビニでも引き出すことが出来るので、銀行が閉まっている時間も安心です。借りたのは返すのは当たり前ですが、また引き出すことができます。便利です。

しかし、借り癖がついてしまい、依存をしてしまいやすいです。生活費で借りてる人は特に、依存性が高くなると思います。収入が少ないのは現代社会の若者の悩みでもありますし、私も悩みです。

補填する為に借りているのであれば、生活費の見直しも必要ですし、カードローンで賄うのは危ないです。でも…!親にも誰にもバレないので安心なんです。だから毎月返して、借りての繰り返しになるんだと思います。

キャッシングは日本人が多く使っている金融サービスです

お金を扱っているサービスが今の日本では支持を得ています。これはそれだけ利用者が金融サービスに何かを求めているということです。具体的にはキャッシングをすることで生活の危機を乗り越えることが可能です。

キャッシングが利用しやすいのはテレビやインターネットでも語られていることです。日本人はキャッシングを使っている割合が高いことも知られています。また、身近な場所に金融機関があってすぐにお金を借りられる環境もあります。

キャッシングが利用される理由は手順の短さに関係します。今のキャッシングなら申し込みと審査の時間が利用者の負担にならない程度です。そういった工夫がされているのでユーザーもお金を借りやすいのです。

最新のキャッシングの利用者は今でも増加する傾向にあります。日本のテレビを見ているとそういったサービスの告知も多いと感じます。利用者がいるので告知をするとユーザーに新情報を送れるのです。段々と新しい情報が増えるとキャッシングの内容もすぐに理解できます。

銀行系カードローンでまとめるのは賢いのか

複数社の借り入れをまとめて金利の低いローン契約一本でまとめる手法を取られる方がいらっしゃいますが、銀行系カードローンを利用することが必ずしも賢い選択とは言えない場合があります。

というのも、銀行系カードローンは平均して金利が低く設定されていることが多いのですが、ただしおまとめローンと呼ばれる多重債務をまとめるためだけの目的別ローンも展開されている業者も存在しますし、目的別ローンはその目的にしか使えないと制約の元金利が更に低く設定されていることがあるのです。

そのため、銀行系カードローンで負債をまとめるのか、おまとめローンで負債をまとめるのかについてはまとめる総合計金額に対して金利が何円発生するのかというのを計算してから判断するほうが無難なのです。銀行系カードローンは借入額で金利が低くなっている傾向もありますので、額が大きければ場合によっては銀行系カードローンを選択するほうが賢い場合も出てくるのです。

近頃目立つようになってきているインターネットバンクですが、それももちろん銀行の一種です。ですからネットバンクのカードローン商品も、れっきとした銀行系カードローンなのです。

しかもネットバンクは大手都市銀行のような実店舗での営業展開はしていませんので、かなりの経費節減に成功しています。それゆえネットバンクには、魅力的な低金利カードローン商品が少なくないのです。

ただしインターネットバンクは、文字通りネット環境を自分で持っていて、しかもパソコンなどを普通に使いこなせるようなスキルが必要になります。ですからパソコンやインターネットに疎い中高年の方などにとっては、ハードルが高い銀行と言えます。

しかし、最近では殆どの大手都市銀行でも地方銀行でも公式ホームページを持っていますし、インターネットを活用した営業展開も当たり前に行っています。パソコンやインターネットが苦手の方も、これを機会に一度チャレンジしてみると良いでしょう。オンラインの活用は、本当に便利なものです。

比較的低金利なカードローンを探したい時

沢山の種類が流通しているカードローン商品ですが、一見するとどれも同じように見えることがあります。しかし細かな部分までよく見ると、様々な違いがあります。たとえば金利ひとつチェックしても、比較的低金利の商品から高金利の商品まで色々とあるのです。

もちろんカードローンの利用者の立場から考えれば、低金利のほうが嬉しいに決まっています。だからこそ低金利のカードローンは人気が高いですし、低金利をカードローン選びの重要ポイントと考える人は、実際に大変多いのです。

そんな低金利のカードローンを探したい時には、是非、銀行系カードローンから探し始めると良いでしょう。なぜなら貸金業者と銀行とを単純に比べてみると、金利は銀行のほうが低めに設定されていることが非常に多いからです。ですから低金利カードローン探しなら、第一候補は銀行系と考えるのは理に叶っているのです。

ただし銀行系カードローンは比較的低金利ですが、その代わり、審査は比較的難しい場合があります。その点は注意しましょう。